早大防災教育支援会WASENDは子どもを対象に防災教育を行っている団体です。

早大防災教育支援会 WASEND

設立経緯

~2004年スマトラ沖地震~

ひとりの少女の質問から

2004年12月26日,インドネシアのスマトラ沖で発生した大規模地震は、

震源地周辺だけでなく、広範囲な地域に甚大な被害をもたらました。

当時、早稲田大学社会環境工学科の教授であった濱田正則氏(現アジア防災センター長)は、

震災後現地を視察した際、一人の少女から次のような質問を受けました。

 

HPa2-1

「日本は昔から地震の被害を受けていたのに、なぜその経験を私達に伝えてくれなかったの」

 

この質問を投げかけられた濱田氏は、若年層の防災教育の必要性を強く認識し、WASENDを設立しました。

現在はその意志を受け継いだ大学生達が中心となって、日本とインドネシアで防災の授業を行っています。

早稲田大学創造理工学部社会環境工学科のホームページはこちら

更新日:

Copyright© 早大防災教育支援会 WASEND , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.